漁港タコ釣行!ベイトタックル使用のインプレ

HRF77MHとレッツライド タコ釣り

ベイトタックルを使用していつもの漁港でタコ釣りをしてきました。
ベイトタックルとスピニングタックルとの使用感の違いについて感じたことを紹介していきます。

スポンサーリンク

ベイトタックルでオクトパッシング

使用タックル

ハードロックフィッシュロッド

ロッドHRF KIJIHATA 77MHB
リールタトゥーラTW100XH
PEライン1.2号
リーダー5号

釣行場所

漁港内(タコ釣り実績ポイント)

当日の状況

夕方の景色

中潮でタイドグラフは干潮と満潮のちょうど真ん中あたりで釣行しました。
釣行時間は18時〜19時半の夕マズメ狙い。

タコジグからスタート

岸際でタコ釣り

まだ明るい時間帯からスタートしたので岸際に潜んでいるタコを狙う為にタコジグからスタート。
漁港にある漁船と岸の間をランガンしていく釣り方。

開始40分くらいはなにも反応がないまま、ひたすら底をトントンとタコジグで叩く。
何度か根掛かりしながらも根気よく続けていき、反応があったのは19時前で少し陽が傾いてきた頃。

ベイトタックルとタコジグ

釣れた時にはビンの中に入っていて重量感があったので、そこそこのサイズ釣れたかもって思っていたら、ビンの中から出てきたのはかわいい新子サイズでした。

時間帯的にも活性が上がってきたのかなぁと思い広範囲に探るべくタコエギに変更しました。

タコエギで広範囲に攻める

キャスト距離は7フィート7インチというロッドレングスということもあり、そこまでのロングキャストはできません。キャスト距離は岸からだいたい30メートルあたりといったところでしょうか。

正直スピニングタックルに慣れているとキャスト距離に関してはストレスがあると感じました。

ベイトタックルのキャスティングに関しては不慣れであり、自分の腕が悪いというのもあるので、もう少し飛距離が出せるように試行錯誤してみたいと思います。

漁船の間を狙っていく

岸と漁船の隙間

こんな感じの漁船の隙間を狙っていきます。

漁船と漁船の間にキャストして竿先を軽くシェイクしながら巻いてくるとグッと重くなり、合わせを入れましたが底に張り付かれてしまいました。
ロッドをあおって負荷を掛けながらリールを巻くとあっさりと引き剥がせたのでロッドパワーとリールの巻き取りパワーを感じることができました。

ベイトタックルとタコエギ

その後も移動しながら足元を狙っていくと、一杯追加できました。

バケツの中のタコ

釣りをやっているとどうしてもキャストして遠くの獲物を狙うように考えがちですが、堤防などの岸際にもタコは潜んでいます。

岸際チョンチョンは地味な釣りですが意外と釣果は高いです。

タコエギでの釣り方

マルシン漁具レッツライド

基本的に底を丁寧に探ることが釣果につながります。
タコエギの動かし方は着底してから底を叩くようにロッドアクションを加えます。
たまに大きくロッドをあおることもありますが、基本的には竿先だけ小さく動かしてタコエギの移動距離を抑えるようにアピールします。

まだタコエギでタコを釣ったことがない人は、タコエギをシェイクして動かす時にタコエギの移動距離が大きくなりすぎないように探るように心がけてみてください。

堤防の際を狙うのであれば、1~2分ひたすら同じ場所でトントンしていて釣れることがあるので、しつこいくらいタコにアピールするのもいいですよ。

ベイトタックルを使用して感じたメリット

巻き上げのパワーがある

底に張り付かれたものの強引に引き剥がすことができたので、ロッドパワーの助けの方がデカいこともあるとは思いますが、それでも軽くリーリングできたのには驚きました。
スピニングリールでは重いものを掛けたときにリールを巻く手が止まることがありますが、ベイトリールでは重いながらも巻けるという感覚があります。

操作性

クラッチを切るだけでタコジグやタコエギのフォールができますし、片手でサミングできるので、動作が楽な上にロッドアクションをつけエギを動かしやすく感じました。
チョコチョコとアクションをつけて魚にアピールさせる釣りにはベイトリールは合っているように感じました。

ハードロックフィッシュ専用ロッドでタコ釣り

アコウ狙いで購入したロッドでしたが、最初からタコ釣りに流用できるなと思っていました。
ですのでレングスは船タコでもショアタコでも使用しやすそうな7ft7inchのレングスを選択しました。
ロッドパワーはMHでバッド部分がヘビーでベリーからティップにかけてはミディアムとなっているので、タコジグやタコエギにアクションをつけるときには適度にティップが入り、アクションがつけやすく。
タコを掛けてからも底に張り付かれた時でも強引に引き剥がせるロッドパワーがありました。

同じタックルで船タコ釣りにも行ってきました。

釣行記録!明石で船タコに挑戦
今年も知り合いの船でタコ釣りに行ってきました。 船タコは毎年1回は釣りに行ってますが、今回は大潮ということもあり、潮が走る走る! なかなか苦戦しましたがぽつぽつ釣果も上がり楽しめました。 2020年6月6日(大潮)釣行...

今まではシーバスロッドやエギングロッドを流用していましたが、ハードロックフィッシュロッドもタコ釣りへの流用は快適に釣りができることを確認できました。