(釣行記録)タコ釣りでマダコ狙い

オクトパッシングでマダコ釣り タコ釣り

最近は雨が降ってないタイミングにタコ釣りを楽しんでいるのですが、
近頃の状況は本格的に梅雨入りしてからマダコの新子が安定して増えてきた感じ。

スポンサーリンク

オクトパッシング釣行!漁港でタコ狙い

使用タックル

シーバスロッド 9ft
リール シマノ3000番手
PEライン 0.6号
リーダー 3号

 

釣行当日の海の状況

潮回りは大潮でド干潮から上げ始めたあたりから釣りをスタート

今日も飽きずに漁港狙い

タコエギを使ったオクトパッシングをするなら漁港がオススメです。

漁港内では根掛かりはあるけど、潮流でエギが流されて岩礁などのストラクチャーに引っ掛かるってことがないので釣りエギのロストが激減します。

そんなわけでタコエギのロストが惜しいので漁港内で釣ることが多いのですが、この日はあえてランガンせずに時合いの確認のために同じ場所で投げ続けました。

時間は18時〜19時30分まで
例年よく釣れる実績ポイントと夕まずめ狙いで釣りをしてきました。

漁港内の海面

釣り開始

釣り方はいつも通り竿先をシェイクしてタコエギをユラユラとダンシングさせるイメージ。
タコエギは3.5号のラトル入りラトルなしを交互に使用しました。

エントリーした場所は常夜灯があり港内でもワンドになっているところで、水深は2〜3mといったところ。

タコエギは30gを超えているので、あっという間に底をとってしまう感じのところです。

18時から始めて19時過ぎたところで最初のヒット。

アクションさせながらズル引きでひいてきていると藻から抜けたところでグッという重みを感じたので合わせを入れました。

サイコオクトパスとタコ

小さいタコでマダコの新子の200g程度のサイズ。

正直このサイズは陸に揚げるまでに海藻なのかタコなのか判別が難しいときがあります。重量感が同じな為にタコかなぁー海藻かなぁーって思いながらタコエギを回収することもよくあります。

タコエギとタコの新子

いいサイズのタコだと思ったらどデカイ海藻ってこともありますし(笑)

今回のヒットエギはラトル入りタイプ

常にラトルタイプがよく釣れるかというと、経験上はそうでもないと思っていますが、この日のタコにはラトル入りが良かったようです。

今回釣れたタコエギ

クロスファクターのサイコオクトパスDX3.5号

カラーはレッドホワイトグロー

ヤフーショッピングでは税込278円で購入できる比較的安いタコエギですが、釣果実績もしっかりとある有能エギ。
オクトパッシングって底を引いてくる釣りなのでどうしてもタコエギの不意なロストは避けられません。格安エギは正義なのです。