鯛の漬け丼作り方

鯛の漬け丼 魚料理レシピ
スポンサーリンク

新鮮な鯛を頂いたので、漬け丼を作りました。
タレに漬け込んで簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

用意するもの(2~3人前)

 

・鯛     半身
・白ごま   適量
漬けダレ
・醤油    100cc
・酒     100cc
・みりん   100cc
・ごま油   大さじ1
・砂糖    大さじ1

 

鯛を3枚におろす

天然真鯛

頭、内臓、うろこを取り除いて鯛を三枚におろします。

柵に切り分け、好みの太さで刺身にする

鯛の切り身

切り身にしたら皮をはいで、刺身にします。

漬けダレを作る

漬け丼のタレ

醤油:酒:みりんを1:1:1の割合で合わせダレを作り、砂糖大さじ一杯を加えます。
そこに胡麻油を大さじ一杯加え漬けダレの完成です。

砂糖やみりんを足して甘めにしたり、醤油多めで塩辛くしてみたり、好みで味付けしてみてください。

 

鯛を漬けダレに漬ける

漬けダレに漬け込んだ鯛の身

15分ほど寝かしたら、盛り付けて完成です。
白ゴマを振ると見栄えがよくなりますし、ごま油の風味と相まってごはんがよくすすみます。

 

おわりに

独身時代にスーパーの半額シールが張られている鯛の刺身でよく作っていたレシピです。
タレに漬け込むだけで淡白な鯛の身でもご飯がすすむ一品になります。

身にしっかり味がついているので、出汁を注いで出汁茶漬けにしてもおいしいですし、ごま油と卵の相性がいいので、卵黄を落として食べても美味しいです。