マダコのトマトリゾットの作り方

タコのトマトリゾット 魚料理レシピ

おかゆっぽくならない、芯のあるリゾットが好みの方におすすめのレシピの紹介です。タコの旨味が出ていて美味しいリゾットになりました。

スポンサーリンク

マダコを使ったトマトリゾットのレシピ

用意するもの(2人前)

 

マダコ      200g
玉ねぎ      1/4
白米       1合
オリーブオイル  大さじ2
トマト缶     大さじ3
ピザ用チーズ   適量
固形コンソメの素 1個
水        600cc

 

コンソメスープを作る

コンソメスープ

適当な大きさの手鍋を用意してコンソメスープを作ります。
スープの素はブイヨンでもOK。コンソメのがしっかりした味付けのリゾットになります。
ローリエなどの香草を入れてもいいですが、なくても大丈夫。

たまねぎとタコの下準備

玉ねぎのみじん切りとタコのぶつ切り

玉ねぎはみじん切りに、タコは食べやすい大きさに切る。

タコは生のまま使うことでタコの味が米に染み込みやすい。
ゆでだこを使う場合はタコの分量を増やすといい。

オリーブオイルで玉ねぎを炒める

フライパンで炒めた玉ねぎ

玉ねぎがしんなりするまで中火で炒めたらタコを加えて、軽く火が通るまで加熱する。

玉ねぎとタコを炒めている

白米を加えて炒める

白米を加えたフライパン

白米は水で研がずに使います。
鍋かフライパンを用意して白米をオリーブオイルで米に油をコーティングさせるように炒めます。
白米が白っぽくなるまでしっかりと炒める。

オリーブオイルで米をコーティングするのがポイント

オリーブオイルで白米を炒めている

温めたコンソメスープを入れて米を炊く

コンソメスープを加えたリゾット

おたまを使ってコンソメスープを注ぎます。

この時コンソメスープの温めが足りていないと米の温度が下がってデンプン質が変質します。その結果ベチャッとしたリゾットになってしまいます。

コンソメスープを注ぎ足しながら20分炊き込む

この時には火加減は弱火

鍋の表面の水分がなくなってグツグツとなっていたら、おたまを使ってコンソメスープを注ぎ足します。

鍋を振って底が焦がさないように注意してください。木ベラを使う時は米を傷めないように優しく混ぜる。

トマト缶を加える

リゾットにトマトソースを加えている

量は大さじ3杯くらいが目安ですが、好みに応じて加減して下さい。

タコのトマトリゾットを炊いているところ

味を整えチーズを入れる

タコのトマトリゾットにチーズ

味見をしながら米の固さが好みになるように炊き込み時間は調整してください。

炊き込み時間の目安は20分

好みの固さになれば塩を振り味を整えます。

最後にピザ用チーズを入れて軽くかき混ぜたら完成です。
チーズの量も好みで調整して下さい。

おわりに

皿に盛り付けたタコのトマトリゾット

時間と手間はかかりますが、材料はシンプルですし、米の粒をしっかりと感じることができて美味しいので、ぜひとも作って頂きたいリゾットです。