船タコリールの選び方とおすすめ船タコリールを紹介

フネXTで船釣りしている タコ釣り

船タコリールはまだまだ専用ロッドに比べると専用リールの販売が少ないです。

ジギングリールを持っているなら流用して使うことができますが、これからタコ釣りを始めようとしている方におすすめの船タコ釣りに使えるリールを紹介します。

船タコ専用ロッドがベイトモデルが多いこともあり、選択肢としてはベイトリールの使用をおすすめします。

船タコ!選び方とおすすめ船タコリールの紹介

船タコリールの選び方

フネXTで釣りをしている

まず性能として求められるのが、

巻き取りパワー
ドラグ力
ラインキャパ

この3つを条件に選ぶようにします。

巻き取りパワーについて

ボディ剛性が高く、ボディが強いリールはボディの捻れを抑えることができるので、巻き取りが楽になります。

タコは1kg超えたら良型。2kg超えたら超良型って感じなんですが、
実は1kgないサイズでも巻き取りは、けっこう重労働です。

タコエギとシンカーで200g前後はありますし、
タコを掛けて巻き上げる時に潮流とタコが足を広げた時の抵抗もプラスされるので巻き取りのしんどさがあるんです。

他の魚みたいに引きを楽しめるわけではなく、ただの回収って感じの釣りになるので巻き取りが楽に越したことないのでパワーのあるリールをおすすめします。

初心者でも数釣りが楽しめるのが船タコ釣りの魅力です。
たくさん釣れるように考えながら釣りをするには、巻き取りパワーのあるリールで使いましょう。
体力的にしんどい部分をリールの性能で軽減させて、数釣りを楽しむことができます。

ドラグ力について

ドラグ力は強ければ強いほどいいです。
タコは引きを楽しむ釣りではありません。
ドラグを使って魚の抵抗をいなしながら釣る釣りとは違って、ドラグはフルロックが基本となります。

ドラグは強ければ強いほどいいのですが、最低でも5kg以上は欲しいところです。
岩などにタコが抱きついてしまった時にドラグが強ければ、強引に引き剥がしが可能になります。
ドラグが弱くラインがズルズル出てしまうような状態だと岩から引き剥がすのが困難となります。

大物クラスのタコを引きはがすほどのドラグ力が欲しいですね。

ラインキャパについて

兵庫県の明石エリアでいうとスプールにPEラインの2号が、100メートルあれば安心して釣りができると思います。

釣りをするエリアによって水深が変わってきますので、

遊漁船の船長や近場の釣具屋の店員さんにリールを買う前に前もって必要なラインの量を確認することをおすすめします。

ハイギアとローギアの選び方

平置きしたフネXT

これは好みによりますので、どちらでもいいと思います。それぞれのメリットとしては

ハイギアのメリットは巻き取りの速さ

ローギア・ノーマルギアのメリットは巻き取りの軽さ

って感じです。

早く巻き取って手返しよく釣りをしたい人はハイギアを選びましょ。
巻き取りを楽にしたい人はパワーのあるローギアやノーマルギアを選びましょ。

おすすめリール

DAIWA(ダイワ)

フネXT

メーカーHPはこちら

筆者が船タコ用に所有してるリールで、お気に入りなのでおすすめ。
バス用のベイトリールの流用からフネXTに変えて剛性の大事さとパワーギアの恩恵を感じました。

フネXTはスーパーメタルフレームなので剛性があるところも魅力。
サイズ感もそこまで大きくないので手の小さい筆者でもパーミング可能なコンパクトなサイズ感。

ラインナップは

150P
150PL
150H
150HL
150P-OP
150PL-OP

があります。

150PLなどLの表記がされているのが左ハンドルのモデルなので購入時は注意が必要です。

スーパーメタルフレーム
スーパースプールフリー
マグフォースブレーキ
大型EVAノブ

は共通装備されています。

ラインナップ毎の違いとして、

150P-OP150PL-OP

ハンドル長が60mm
ラインキャパがPE3号150m
最大ドラグ9kg
ギア比が4.8
フネXT 150P-OP
ダイワ(DAIWA)
¥12,319(2022/01/30 21:27時点)
ギア比:4.8 / 最大ドラグ力(kg):9 / 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):51

150P150PL

ハンドル長が55mm
ラインキャパがPE2号200m
最大ドラグ5kg
ギア比が5.6
フネXT 150P
ダイワ(DAIWA)
¥13,939(2022/01/30 21:40時点)
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転): 59

150H150HL

ハンドル長が55mm
ラインキャパがPE2号200m
最大ドラグ5kg
ギア比が6.8
フネXT 150HL
ダイワ(DAIWA)
¥10,777(2022/01/30 21:40時点)
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転): 72

ダイナスター300

メーカーHPはこちら

スーパーメタルフレームなので剛性があり、巻き取りパワーがある。

スプールクリックはONにするとスプール回転時にクリック音が出る機構

シンクロレベルワインドはライン放出時や巻き取り時にもレベルワインドが動いてキレイな糸巻きができる機構

ギア比は5.1のパワーギア仕様
PE4号を250m巻けるのでラインキャパも十分
最大ドラグ5kg

150番手や250番手もラインナップされていますが、よりタコ釣りに適しているのは300番手

他の船釣りにも流用するのなら150番手や250番手も候補になります。

ダイナスター300
ダイワ(DAIWA)
¥11,032(2022/01/30 21:37時点)
リールタイプ:ベイトリール

SHIMANO(シマノ)

ゲンプウXT

メーカーHPはこちら

右ハンドルの200PG
左ハンドルの201PG

こちらのモデルがタコ釣りに適しています。

60mmのロングクランクハンドルとCI4製の特大ハンドルノブ
PE2号200mのラインキャパ
ギア比は5.5のパワーギア
最大ドラグ5kg

樹脂ボディの為、ボディ剛性に不安なところがありますが、パワーギア仕様なので巻き取りパワーは確保できていると思います。

なんといってもAmazonで7000円台で購入できる低価格が魅力的。

ゲンプウXT 200PG
シマノ(SHIMANO)
¥8,470(2022/01/30 21:38時点)
ギア比: 5.5

ベイゲーム300

メーカーHPはこちら

右ハンドルの300PG
左ハンドルの301PG

こちらのモデルがタコ釣りに適しています。
ジギングリールとして使える性能があるので、船タコ釣り時にもパワー不足はないでしょう。

HAGANEボディで金属製のボディ素材なので剛性は十分
マイクロモジュールギアやX-SHIP搭載で巻き取りは滑らかで軽快
ギア比は4.8のパワーギア仕様
70mmのロングクランクハンドル
CI4製の特大ハンドルノブ
最大ドラグ8kg
PE2号で380mのラインキャパ
ベイゲーム 300PG
シマノ(SHIMANO)
¥27,355(2022/01/30 21:41時点)
ギア比:4.8

Tailwalk(テイルウォーク)

早くから専用モデルのロッドやリールを販売していましたし、明石の船タコ釣りではメジャーなメーカー。
タコ専用リールとなると歴史あるテイルウォークはおすすめです。

オクトパスライト

メーカーHPはこちら

60mmと75mmの二つのハンドルポジションのシングルハンドルとEVAノブ
アルミセンターフレーム
強化カーボンマテリアルのサイドカバー
ギア比は5.4:1のパワーギア仕様
最大ドラグ6.5kg
PE2号200mのラインキャパでラインは標準装備されている。
オクトパスライト 54R
テイルウォーク(tailwalk)
¥12,000(2022/01/30 21:38時点)
●ギヤ比5.4:1●ベアリング4+1●自重225g●最大ドラグ6.5kg●最大巻上長51cm

オクトパスライトプラス

メーカーHPはこちら

60mmと75mmの二つのハンドルポジションのシングルハンドルとアルミ製シングルパワーノブ
アルミセンターフレーム
強化カーボンマテリアルのサイドカバー
ギア比は6.6:1のノーマルギア仕様
最大ドラグ8kg
PE2号200mのラインキャパでラインは標準装備されている。
オクトパスライト プラス
エイテック
¥17,780(2022/01/30 21:40時点)
テイルウォーク オクトパス ライト プラス 66R 19151

エランワイドパワーオクトパスSPⅡ

メーカーHPはこちら

60mmと75mmの二つのハンドルポジションのシングルハンドルと43mmEVAパワーノブ
メインフレーム・ギアサイドプレートにオールダイギャストアルミボディ
シンクロレベルワインド
深溝アルミスプール
ギア比は6.4:1のパワーギア仕様
最大ドラグ12kg
PE3号200mのラインキャパでラインは標準装備