スズキとじゃがいものソテーの作り方

スズキとジャガイモのソテー 魚料理レシピ

スズキの皮目をパリッと、じゃがいもは外はカリカリ中はホクホクに仕上げたソテー

バターでソテーした白身魚とじゃがいもは絶品です。

 

スポンサーリンク

スズキとじゃがいものソテーのレシピ

 

用意するもの(2人前)

スズキの切り身 適量
じゃがいも   1個
バター     10g
塩胡椒     適量

 

スズキに振り塩をする

スズキの切り身

スズキの切り身は身側、皮側両方に振り塩をしてしばらく置きます。

水気が出てきたらキッチンペーパーで水気をとります。

10〜20分ほど置くので、その間に次の工程に移ります。

 

バター入れじゃがいもを加熱する

フライパンの上で溶けたバター

フライパンを加熱してバターが溶けてきたら一口大にカットしたじゃがいもを入れて加熱します。

じゃがいもはカットしたら耐熱容器に移しラップをして電子レンジで600Wで2分ほどあらかじめ加熱しておきます。

電子レンジであらかじめ加熱しておくことで簡単に仕上げまでに火が通せます

 

フライパンでジャガイモを炒めている

火加減は中火でじゃがいもをひっくり返しなが全体が少し色づくまで加熱します。

 

スズキを加える

じゃがいもとスズキの皮目を焼いている

振り塩をしたスズキをキッチンペーパーで水気を取ったら一口大にカットしてフライパンに加えます。

スズキは皮目から中火で焼いていきます。

ここで一度フライパンにフタをして蒸し焼きにします。

皮目がパリッとなり、身がうっすら白くなってきたら裏返して身側も焼いていきます。

スズキを裏返し身を焼いている

ここで火加減は弱火に落とします。身側を焼く時はフライパンのフタは使いません。

 

じゃがいもは焦がさないように定期的にひっくり返しておく

 

身側に焼き目がついたら、塩胡椒をして全体に馴染ませれば完成。

 

おわりに

皿に盛り付けたすずきとじゃがいものソテー

焦がさないないように火加減を調整するのがポイントです。

今回は塩胡椒で仕上げたシンプルな味付けにしましたが、

マキシマムなどのミックススパイスがあれば、そちらを使うのもアリです。

盛り付け時に乾燥パセリやバジルをかけると色味が良くなります。バジルは独特な風味があるのでお好みでどうぞ。