お手軽で簡単な魚の煮付けの作り方

赤ハタの煮付け 魚料理レシピ

今までは醤油、みりん、料理酒、砂糖を使って魚の煮付けを作ってましたが、キャンプ行った時に魚の煮付けを作るために万能調味料を購入してみました。

 

初めて使ってみての感想はうまい!簡単!甘味が上品!うまい!

さすがキッコーマン!!って感じでした。

キッコーマンのだししょうゆ

どういう人におすすめできるかというと、

キャンプで煮物にチャレンジしたい方におすすめ。

ほかにも家に調味料を置いてない単身赴任のお父さんや一人暮らしの大学生にもおすすめです。

今回はアカハタの煮付けを作っていきますね。

水で薄めて使うだけなのでめちゃくちゃ簡単です。

 

スポンサーリンク

キッコーマンの万能調味料!だししょうゆを使ってアカハタの煮付け

アカハタの下処理

内臓とエラの処理を終えたアカハタ

ウロコ、エラ、内臓を取り除きます。

取り除いたら綺麗に汚れを洗い流して、ペーパーなどで水気をしっかり拭き取ります。

ふり塩をして15分ほど放置

水気が出たらペーパーで拭き取ります。

鍋にアカハタとだししょうゆを入れ火にかける

アカハタとだししょうゆ

フライパンに入りきらなかったので尻尾を落としてます。

だししょうゆの分量は商品パッケージに書いてある通りだししょうゆ1の水4で1:4に薄めて使います。

アカハタを煮ている

中火で火にかけて沸騰したら弱火に落とします。5〜10分ほど煮たら裏返します。

裏返して反対側も煮る

出汁をかけながら煮ている

スプーンやオタマを使って煮汁を身にかけながら半身も煮ていきます。

裏返してから10分ほど煮たら完成。

火の通り具合は魚のサイズによって変わるので目安として考えてください。

おわりに

アカハタのエラ付近の身

簡単に煮付けができるし、味もいい。

出汁が効いてるし、みりんのほんのり甘い味付けも抜群でご飯によく合います。

スーパーで見かけたら是非買って試してみてください。

 

あと、漬けダレとしても優秀でお刺身をキッコーマンのだししょうゆにしばらく漬けておくだけで、合わせ調味料を作る手間なく簡単に刺身の漬けが出来上がります。