汁もれ知らず!ガルプの保存容器はこれ一択

並べたガルプのワーム アジング ・メバリング

汁系ワームの唯一の短所ともいえる強烈な匂い

この匂いや成分が魚釣りに有効なのは分かるけど

触りたくない、でも釣りたいから使っちゃうんですよね~

ちなみに僕はガンガン触れるタイプです(笑)

今回はガルプやエコギアアクアが大好きな僕が汁系ワームの保管におすすめの容器を紹介をしたいと思います。

ガルプの保管にはコレ

MEIHOのリキッドパック

満を持して紹介してるわりによく見る有名なやつ!笑

明邦科学工業株式会社が製造販売しているMEIHO fishing VERSUSシリーズのリキッドパック

釣具店でよく見かけるかと思います。

すでに使っている人も多い商品なので今更感はあると思いますが、僕自身、重宝しているものなので紹介させてください。

なぜメイホウのリキッドケースがオススメなのか

ガルプやエコギアアクアを保管する上でオススメできる点は

・汁漏れしない

・携行性がいい

・取り出しやすい

 

この3点は特に感じるメイホウのリキッドケースの優れた点です。

 MEIHOリキッドパックのサイズ比較

密閉力に優れ液漏れしない

スクリューキャップ式になっていて、フタを回すと最後にカチッとなり密閉できるような仕様になっています。

よくある密閉容器にゴムなどのパッキンを使っているものがありますが、メイホウのリキッドケースはパッキンを使ってません。

ですのでパッキンが劣化して締め込みが甘くなり液漏れするってことがないところがオススメできる点の1つ。

気をつけなければいけない点はメーカーホームページにもありますが、キャップと本体のスクリュー部にゴミなどがあると噛み込んでしまうので、

そこから液漏れする可能性があるので注意が必要です。

 

携行性がいい

 バッグに入ったリキッドパック

厚みが深すぎず釣り用バッグの中に入れてもかさ張ることなく携行することができるのでオススメです。

取り出しやすい

リキッドパックに入っているガルプ

これはVS-L430でリキッドケースの中で一番大きなモデルです。

中にはガルプのベビーサーディンを3袋ほど入れてますがこれくらいのスペースの余裕があります。

MEIHOのリキッドパックとガルプ

こちらはVS-L425で一回り小さいモデルです。

写真ではガルプのジギンググラブ1.5インチを2袋分入れてます。

取り出しやすさを考えると3〜4袋までが適量です。

こちらのモデルはメーカー推奨で3インチまでのワームを保管するのに優れています。

僕はカラー違いにごちゃ混ぜに入れるので、
ワームの種類ごとにケースを分けて保管するようにしていて、この大きいモデルと中サイズのモデルを愛用しています。

どちらのケースも開口部が広いので取り出しやすいのが特徴で、取り出すときに煩わしさがないところが気に入っています。

MEIHOリキッドケースの商品ラインナップ

VS-L430

サイズ 110×110×44mm

4インチワーム対応モデル

MEIHO リキッドパック VS-L430
メイホウ(MEIHO)
¥955(2020/06/16 00:20時点)
サイズ:110×110×44mm

 

VS-L425

サイズ 80×80×44mm

3インチワーム対応モデル

MEIHO リキッドパック VS-L425
メイホウ(MEIHO)
¥1,171(2020/06/16 00:20時点)
サイズ:80×80×44mm

VS-L415

サイズ 60×60×35mm

2インチワーム対応モデル

MEIHO リキッドパック VS-L415
メイホウ(MEIHO)
¥990(2020/06/16 00:20時点)
サイズ:60×60×35mm

以上、おすすめのGulp保管容器の紹介でした。