マイワシパターンでシーバス・青物の狙い方・釣り方について

地面に並べたブリ シーバス釣り
スポンサーリンク

毎年恒例のマイワシパターンが今年も始まりました。

マイワシをたらふく捕食したシーバスや青物(ハマチ、メジロ、ブリ)は脂が乗っていて、釣れたら家族への良いお土産になりますよね。

例年のパターンを含めて釣り方や狙い方について解説していきます。

マイワシとは

マイワシはイワシの中でも最も大きくなる個体です。

大きいもので全長30センチまで成長し、背のあたりに黒の斑点が並んでるのが特徴です

アングラーからするとあくまでベイトなので針がかりしてもリリースしがちですが、ルアーに引っかかって釣れたマイワシを持って帰って刺身や煮付け、オイルサーディンにして食べると実は絶品です。

マイワシパターンの時期

私の住む関西では神戸のマイワシパターンが有名です。
時期としては10月あたりから始まり年内いっぱいで徐々に下火になっていきます。

海水温の影響か台風の影響なのか分かりませんが、年によってマイワシパターンの始まりは前後します。

年によっては1月に入ってもマイワシが抜けない年もあるので、だいたい10月から1月あたりで狙えるパターンになります。

マイワシパターンで狙うポイント

堤防と海

漁港周りや堤防でマイワシが溜まっているポイントを狙います。
ですので堤防や漁港内に溜まっているところをランガンして探し出す必要があります。

毎年安定して釣れるポイントもあれば年によっては全然ダメなポイントもあるので、googleマップなどで調べて気になるポイントは足を運んでマイワシの有無を確認するようにしたら、釣果も安定してきます。

時間帯はナイトでもデイでも釣れるのがマイワシパターンの特徴です。

場所によってはナイトのみ、デイのみというように釣れる時間帯が限定されることもありますが、マイワシが安定して溜まっているようなポイントでは朝まずめ、夕まずめはシーバスや青物のボイル祭りになることが多々あります。

青物に関しては朝マズメや夕マズメ
シーバスは朝マズメ~ナイトもチャンス

マイワシパターンのおすすめルアー

メジャーとブリ

マイワシパターンのルアーで関西のルアーマンで知らない人はいないであろうルアー

Daiwa ショアラインシャイナーZ セットアッパー125SD-R

 キャスト時にDaiwa独自のマグネット構造でスコン!と気持ちよくルアーがぶっ飛んでいきます。キャストで飛距離が出せ、足場の高いところでもしっかり潜らせることができ、ただ巻きするだけでも安定した泳ぎからのフラつきアクションを起こして食わせの間を作ることができる。まさに神ルアー。

早巻きにはあまり向いていないので青物タックルで大きい番手のリールを使っている場合は水中で動きが破綻する場合があります。

自分のタックルに合った適切な巻き速度さえ覚えてしまえば、これさえあればなんとかなるっていう超一軍ルアーです。

SHIMANO サイレントアサシン

 

青物狙いに絞るならアサシンの早巻きは強いです。早巻き中のハンドルを止められるほどの強いバイトはやみつきになります。

飛距離も言うことなしで、キャストが決まれば気持ちよくルアーがぶっ飛んでいきます。

オススメのサイズは129F/S・140F/S・160F

SHIMANO(シマノ)MDレスポンダー129S

 

ロングリップでしっかりレンジキープして手前まで引いてくることができます。セットアッパーは手前に来るほど上昇気味で戻ってきますが、MDレスポンダーは手前までしっかりレンジを入れることが可能です。

アクションはロール主体で早巻きも可能です。個人的にはロングリップタイプのミノーはMDレスポンダーとセットアッパーSDーRの2強です。

この2つはアクションも違うし、レンジも違うためお互いで補える要素があるので、ぜひこの2つは揃えていただきたいですね。

ルアーの選び方、使い方

 

マイワシの群れの下や中を通しながらルアーを引いてくるのが基本です。
リール早巻きでイワシの群れを散らしてルアーを目立たせハンドルを巻くのを一瞬やめるストップアンドゴーのアクションも有効です。

ルアーはさきほど紹介したショアラインシャイナーZセットアッパー125SD-Rが関西では定番のマイワシパターンで使われるルアーでオススメです。
関西の釣具店ではマイワシパターンの時期になると売り場からセットアッパーが消える。バカ売れルアーです。

自重が26グラムでシーバスロッドでもショアジギングロッドでも投げやすいルアーウェイトなので、シーバス狙いだけでなく、青物狙いのショアプラッキングのルアーとしても有能です。

セットアッパーはウォブリングアクションであまりにもマイワシの量が多いところではしっかり泳がしきれないことがあるので、そういった時は鉄板バイブレーションのロングやロールアクションのミノーが有効です。キャストして少しカウントをとってマイワシの下のレンジを通したり、マイワシの群の中を通しても波動が強いためしっかり泳いで帰ってきます。

ベイト(マイワシ)が多いときは鉄板バイブレーションやロール系のアクションのルアーがマイワシの群れの中も通しやすいのでオススメです。

シマノのサイレントアサシンやMDレスポンダーあたりがキャストの飛距離も出しやすく、早巻きでもアクションが破綻することなく巻いて使うことができるのでオススメ。
鉄板バイブレーションはJACKALL(ジャッカル)のBIG BACKER(ビッグバッカー)80/107/128が実績が高くオススメです。