ツバスの唐揚げの作り方

ツバスのから揚げ 魚料理レシピ
スポンサーリンク

ブリの幼魚であるツバス(ワカシ)を使った唐揚げのレシピの紹介。

ブリと比べてツバスは脂身が少なく生食や焼き魚には向いてない個体が多いです。ハマチ(イナダ)くらいのサイズに満たないものは揚げ物で食べるのがおすすめです。

せっかく釣ったからには美味しく食べたいので唐揚げや天ぷらなどの揚げ物にしてみてはいかがでしょうか

ツバスのから揚げのレシピ

用意するもの(2人前)

ツバス切り身 1匹分
醤油     50cc
酒      100cc
みりん    100cc
片栗粉    適量

振り塩をする

振り塩をしたツバス

ツバスに振り塩をして余分な水分や臭いを抜きます。
片面に対してひとつまみくらいの塩を振りかけ、15分くらい置いて出た水分を拭き取ります。

一口大にカットする

三枚おろしにしたツバス

振り塩をして水分をしっかりと拭き取ったら、3枚におろします。

一口大に切ったツバス

だいたいでいいので、一口大にカットします。

合わせ調味料とツバスを合わせる

タレに漬け込んだツバス

醤油・酒・みりんの合わせ調味料を作り、一口大に切ったツバスを入れます。
冷蔵庫には入れずに30分ほど漬けておく。
常温にするのは揚げた時に油の温度が下がるのを防ぐためです。

漬け込んだ後に片栗粉をまぶす

片栗粉をまぶした

片栗粉を入れ軽くまぜる。

油で揚げていく

油で揚げている

油を加熱して180℃の油で揚げていきます。
ひっくり返しながら全体的に揚げ色が付いたらできあがり。

できあがり

皿に盛りつけたツバスのから揚げ

油を多く使わずに最低限の油を使って揚げ焼きにしても美味しく食べれます。
身はふわっとしていて、しっかりめに味付けをしているのでご飯にもお酒にもよく合う一品です。
薄味にするときは醤油の量を調整してください。