ベイトリール下巻きなしでPE巻いてません?

タイラバに使用するベイトリール 釣りネタ・雑学
スポンサーリンク

ベイトリールにPEラインを巻いた時、ドラグを締めているのにラインが出ていくことを経験した人はいませんか?
その原因はドラグの不良ではなく糸滑りかもしれません。

船釣りや陸っぱりから釣りをする時にベイトリールを使用している方でも意外と知らない人も多いかもしれない?この現象。

今回はベイトリールの糸滑りについてのお話です。

ベイトリールが空転する原因!糸滑りについて

糸滑りとは

ジギング用のベイトリール

糸滑りはPEラインがスプールの上で空回りしている状態のことです。

PEラインの特性である滑りやすさが原因となっていて

ラインテンションがかかった状態で起こりやすいので、
魚を掛けた時にラインが滑って出ていることに気づきやすいです。

ドラグ音しないのにラインが出ていく!!
あれ空転してる?
なんかおかしいなー?ドラグ壊れてるのかな?

とか疑いがちですが、案外簡単なところに原因があるかもしれません。

糸滑りの治し方・対処法

ナイロンライン

対処法はいくつかありますが、やる人の技量に左右されずに一番確実な対処法は下巻きを入れること

最初からPEラインを巻かずにナイロンラインをスプールの一層目に巻きつけるだけです。

これにより、PEラインの糸滑りを防止できるのでドラグ性能をフルに発揮できるようになります。

大物魚対策の為にPEを巻いたのにドラグが使えないんじゃ話になりませんからね。

おわりに

意外と知らない人がいるのかなぁと思い対処法を紹介しました。

ラインが滑って空回りした状態のまま釣りを続けると、キャスティング時のライントラブルの原因になりますし、ドラグ性能が発揮できません。

対策を実践してトラブルを未然に防いで釣りを楽しみましょう