ヒイカの刺身食べ比べ〜釣りたてと寝かせて熟成させたヒイカの刺身〜

ヒイカの刺身 エギング

この間の釣行でヒイカがよく釣れたので、刺身でたべてみることにしました。

せっかくたくさん手に入ったので釣れた当日と冷蔵庫で3日間寝かせたヒイカの味比べをしてみました。

スポンサーリンク

ヒイカは寝かせて食べるか?釣りたてを食べるか?オススメを紹介

ヒイカの熟成方法〜冷蔵庫で寝かせる〜

ステンレス製のバットに乗った大量のヒイカ

ヒイカの保管方法はというと、

ヒイカは水分をキッチンペーパーでよくとって、金属製のバットに移し、キッチンペーパーを敷いから蓋をして冷蔵庫で保管しました。

釣った当日のヒイカの刺身

皿に乗ったヒイカの刺身とゲソのバターソテー

初日はゲソをバターソテーしたものと一緒に食べました。

刺身はコリコリ感というよりシャキシャキとした歯ごたえを味わえます。

身の厚みが薄いからだとは思いますが、アオリイカやコウイカとはまた違った歯ごたえで、これはこれで美味しく食べることができます。

甘みはほとんど感じることはありませんでしたが、イカの風味はわりと味わうことができました。

正直寝かせて甘みが増して、弾力もしっとりとした歯ごたえにした方が個人的には美味しく食べれそうだなぁーと感じました。

3日目〜冷蔵庫で寝かせること〜

胴体の色は茶色で斑点も見た目で確認できます。
胴体の色味から見ると、まだ鮮度は保っているようでした。

身を押すと胴体の斑点模様かキラキラとしていたので鮮度に関しては問題ないと判断しました。

皮も簡単にとることができました。

身を開いたヒイカ

3日置いたヒイカの刺身の食べた感想は、

身の食感は当日に比べるとしっとりとした歯ごたえに変化していました。
ですが、コリコリ感はありますが釣った当日に比べると口当たりは良い感じ。

4、5日置くことでコリコリ感はなくなるかもしれませんが、食アタリが怖いので挑戦は断念しました。

味自体はイカの風味が増していてとても美味しいと感じましたし、甘みは思っていた程はありませんでしたが、嫁と取り合いになるくらいバクバクと美味しく頂けましたよ。

おわりに

初日と3日目のヒイカの食べ比べをしてみましたが、どちらも美味しかったのですが、個人的には冷蔵庫で寝かせたくらいの食感が好みだったので、次回からも寝かせて食べようと思います。

ヒイカは冷蔵庫で寝かせることで他のイカ類と同様に旨味が増し、食感も変化します。

ヒイカの刺身はコリコリシャキシャキしていて歯切れが良く、味も良いのでじゅうぶんに刺身として食べて楽しむことができました。